え、そうなの?徐々に染まる白髪隠しのウソ、ホント!

白髪隠しにどんなイメージがありますか?

 

白髪隠しは、白髪に白髪染めの液をつけていくもの。
だから、染まらないものがほとんどです。
洗い流せば、それで終わり。
また、再度白髪隠しをつけなければなりません。

 

ただ、使えば使うほど白髪に色がついていくものもあります。

 

使うほどに色がつく白髪隠しとは?

 

使うたびに色が落ちにくくなる

1度の使用では、髪についた色が落ちてしまいます。
しかし、数回使っていくうちに色が落ちにくくなります。

 

染めるわけではない

使うたびに染まる白髪隠しなどと書いてあるものがありますが、
実際に染まることはありません。
よく注意書きを見ると、染まる=落ちにくい、などど記入してあるものがほとんどです。

 

染毛剤の化学的な反応を利用していない

染毛剤の化学反応を利用していません。
だから、色が落ちにくいことはあっても、染まることはありません。

 

徐々に染まっていく白髪隠しはありませんが、
使うたびに色が落ちにくくなる白髪隠しはあります。

 

 

使うたびに色がつく白髪隠しでおすすめは?

 

利尻白髪かくし

 

利尻昆布を使用した白髪隠しです。
22種類の植物エキスを配合しているので、髪や頭皮に優しいです。
洗髪しても髪に色が残ります。

 

価格:1,839円
容量:20g
カラー:ライトブラウン、ダークブラウン、ブラック

 


 

 

 

KIWABI

 

洗い流し不要で、短時間で白髪隠しをしたい人におすすめです。
染毛剤の化学的な反応を利用していない商品です。
使うほどに色が落ちにくくなります。
また、植物エキス配合ですので、髪にツヤを与えます。

 

価格:3,980円
容量:20g
カラー:ライトブラウン、ダークブラウン、ブラック

 



 

 

 

ラサーナ

 

白髪染めトリートメントで有名なラサーナの白髪隠しです。
洗い流し不要で使うたびに色がついていきます。
トリートメントと併用すると、より効果的になります。

 

価格:1,944円
容量:20g
カラー:ダークブラウン

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

使うたびに色がついていく白髪かくしがやっぱりおすすめです。
日を追うごとに着実に色がついていきますので、白髪かくしがだんだん楽になりますからね。
白髪隠しの手間を少なくしたい人に向いていますよ。

 

 

関連ページ

生えるタイプで隠す!白髪隠しにおすすめの帽子は?
白髪隠しにおすすめの帽子を紹介します。ハット、ニット、キャップ、バンダナなど、いろんなタイプがあります。白髪隠しカラーとの併用についても説明します。
そこだけ隠したい!生え際に使える白髪隠しのおすすめは?
口コミ、ランキングサイトで評判の生えぎわに使える白髪隠しを紹介します。スティックタイプ、ファンデーションタイプ、パウダータイプなどなど。
生え際におすすめ!ワンタッチでできる白髪隠しとは?
ワンタッチの白髪隠しを紹介します。口コミやランキングサイトで評判の高いものを厳選しました。
え、眉毛を染める?3分で分かる眉毛の白髪隠し対策!
眉毛から白髪がでたらどうする?眉毛の白髪染め、白髪隠しの方法についてお伝えします。おすすめの白髪隠し、アイブロウなども紹介します。
こんなにたくさんある!白髪隠しの5つの種類を比較!
白髪隠しには、タイプ別にいろんな形状があります。スティックタイプ、スプレータイプ,マスカラタイプ、刷毛(筆)タイプ、ファンデーションタイプ、ウィッグなどなど。ここでは代表的な5つを比較してみました。
黒髪を染めたくない!ピンポイントで出来る白髪隠しとは?
ピンポイントで出来る白髪隠しをお伝えします。口コミ、ランキングサイトで評判のものを厳選してみました。
忙しい朝に役立つ!すぐにできる白髪隠しのおすすめは?
生え際などの白髪をすぐに隠せる方法を紹介します。スティックタイプなど口コミ、ランキングサイトで評判のものを厳選しました。
読者モデルのおすすめ!茶色に白髪隠しができるものとは?
白髪を茶色にすることができる白髪隠しを紹介しまsう。ダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、キャメルブラウンなど。
白髪隠し「ラサーナヘアカラースティック」を使ってみたよ!
白髪隠し「ラサーナヘアカラースティック」を使ってみた体験談をお伝えします。